20代男性はどういった保険に入るのがいいのでしょうか?
社会人になって、将来のことを考えて人生プランを立てていきたいという方はいるでしょうね。
けれど、保険って難しそうに感じますし、なにせ初めての保険選び。
わからないことだらけなはずです。
そんな保険初心者の方にもわかりやすく、20代におすすめの保険選びの方法を解説していきます。

あなたが独身なら

あなたが独身なら、必要な保険はあっても医療保険です。
その他の保険については、必要とはいえません。
その根拠について、詳しく説明していきます。

誰のための保険?

そもそもあなたは何のために保険に入ろうと考えているのでしょうか?
保険に入る目的は大きく分けて3つ。

・あなたが死亡したときに、大切な人にお金を遺す(死亡保障)
・あなたがケガや病気になったときに、治療費をカバーする(医療保険)
・将来のためにお金を蓄える(貯蓄型の保険)

この中からあなたのイメージに近いものを選んでください。

死亡保障は必要ない

あなたが万が一亡くなってしまったときに、遺された家族はいますか?
あなたが独身なら、奥さんも子供もいないので、保険が必要とはいえませんね。
ただし、あなたが働いたお金を親に仕送りしているなど、あなたが死んで生活が困る人がいるのなら、例外的に必要な場合があるかもしれません。

保険で貯蓄は?

保険の中には貯蓄性のあるものもあります。
満期まで保険料を支払い続ければ、確実にお金が増えるのでリスクがない金融商品ともいえます。
ただし、ローリスクな分、ローリターンともいうことを頭に入れておいてくださいね。

個人的には、保険で貯蓄はおすすめしません。
なぜならリターンがあまりにも少なすぎるからです。

保険金はどうやって増やしている?

数十年も保険会社にお金を支払い続ければ、利子がついてお金が戻ってくる。
これはどうしてだと思いますか?

それは、保険会社がお金を運用しているからです。
主に国債を買って運用しています。

問題は国債の利回りが非常に低くなっていることです。
つまり、保険会社に預けてもあまり増えません。
しかも今の利回りで固定されてしまうので、将来利回りがよくなったときに多くもらえるチャンスがなくなるので損ともいます。

医療保険は最低限

20代で独身で入るなら、唯一必要だといえるのは医療保険です。
万が一ケガや病気にかかったときに、備えることができます。
ただし、あまりお金は掛け過ぎないように注意しましょう。

そもそも20代で重い病気になる確率は低いので、最低限の保障で、保険料を安く抑えておくことが大切です。

あなたが既婚の場合

あなたが結婚しているなら、真剣に保険を考える必要があるかもしれません。
あなたの収入で家族を養っているのなら、万が一のことがあれば大変です。
どのような保険があったほうがいいのか、詳しく説明していきます。

死亡保障を検討する

あなたが亡くなったときに、どのくらいの収入が減ってしまいますか?
将来子供を学校に行かせてあげることはできますか?

必要な保険を考えるときには、まずはどのくらいのお金が必要か?(必要保障額)を考えます。
具体的な数値はFP(ファイナンシャルプランナー)など保険のプロに相談して、シミュレーションしてもらってください。

必要なお金は家庭の状況によって変わってきます。
金額がわかって初めて、ピッタリの保険がわかってくるのです。

医療保険は

こちらも同じ考えで、夫であるあなたが働けなくなったときに、どのくらいの収入をカバーすればいいのか?を考えてみます。
具体的なことは、専門家に相談してみないとわかりません。

収入保障保険も

収入がなくなったときに有効な保険として、収入保障保険というものもあります。
これは、万が一のことがあったときに保険会社からお金が分割で受け取れます。
一度にお金を受け取っても使い道に困るという方におすすめです。
というよりも、実際にまとまってお金を受け取ってしまうと、無駄遣いが増えて受け取った保険金がすぐになくなってしまうケースも多いんです。

学資保険は?

学資保険とは、子供の教育資金の積立ができる保険です。
以前は主流になっていましたが、個人的にはあまりおすすめしません。
なぜなら、先ほど説明しましたように国債の金利が低いため、保険会社にお金を預けていてもそんなに増えないからです。

まとめ

これまで話したことをまとめると、20代男性に必要な保険は以下のとおりです。

・独身なら「医療保険」があってもいい
・結婚しているなら家族のために保険を要検討

といえます。
具体的な話はここではできませんので、保険のプロに相談して「あなたにはどのくらいの保障が必要?」か聞きに行ってくださいね。

【注目1】保険相談とは何か!! 保険相談会社の仕組み・保険相談の申込み方・受け方を徹底解説

保険を検討している人は、FPが開設する保険相談の仕組みや申込み方・受け方を開設した内容を、ぜひ確認してください。
保険相談とは何か!! 保険相談会社の仕組み・保険相談の申込み方・受け方を徹底解説

【注目2】保険選びは『誰』に相談するか?で決まる!

保険は人生の中で最も大きな買い物です。
保険料も高いですし、失敗したくないですよね。

%e4%bf%9d%e9%99%ba%e7%9b%b8%e8%ab%872
実際に保険相談をしてみてわかったことですが、保険選びで失敗しないためには信頼できるプロのアドバイザーを見つけることが大切です。
優秀な方であっても、自分の利益ばかり考えている人には相談したくはありません。

保険選びを絶対に失敗したくないなら、保険見直しラボという保険相談サービスをチェックしてみてください。

何度相談しても無料ですし、無理に保険を勧められることもありませんでした。
家まで相談にきてくれるので、小さな子供がいても安心です。
保険のことが全然わからなくても、1から丁寧に保険の仕組みを教えてもらえます。

おかげで保険料は高くないのに、必要な保障はしっかりついた保険プランに入ることができました!

保険っていつ必要かわかりません。
見直しをつい後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、ライフスタイルの変化によって必要な保障額は変わってきます。
万が一のことが起こったときに、

必要な保障に入っていなかった・・・

もしくは、

必要じゃない分まで無駄に保険料を払い続けていた・・・

なんてこともあるかもしれません。
あなたの家族は最適な保険に入れていますか?
もしかしたらヤバイかも、と思ったら今から行動してみてください!

保険見直しラボの詳細はこちら


保険選びはややこしいと思っていませんか?
ここでは保険を様々なカテゴリーに分類して、おすすめの選び方を分かりやすく解説しています。

生命保険を年代別に選ぶ

生命保険とは、死亡保障のついた保険のことです。
万が一のために備えたいという方のために、年代別におすすめの選び方を紹介しています。

20代30代40代

医療保険を年代別に選ぶ

医療保険はケガや病気に対する備えができます。
年齢によって気になる病気の種類は変わってきますので、年代ごとにおすすめの選び方を紹介しています。

20代30代40代

保険の種類から選ぶ
学資保険収入保障保険
個人年金保険養老保険
がん保険女性保険

ピンポイントで最適な保険プランを知りたい方

2、3の簡単な質問にお答えいただくだけで、あなたにピッタリの保険プランをご提案させていただきます。