ネットやテレビで色々な情報を見るのって楽しいもの。

しかし、中にはこちらのテンションを下げてしまうものもあります。

それは、完璧とも思える家事育児をしている人の存在です。

憧れもしますが、落ち込んでしまう人もいるのでは?

どうして私は出来ないのだろう。

今回は比べない家事育児について書いていこうと思います。

比べてしまいがちな方は読んでみてください。

人は人なんだということ。

ぜひわかってもらえたら嬉しいです。

家事や育児を他人と比べてもいいことはない

そもそも、人と比べるというのは何も良いことがありません。

なぜかというと、まず人それぞれ得意なことや苦手なことがあります。

向き不向きや、状況の違いで家事育児をそこまで出来ない。

というのは当たり前のこと。

それでも頑張っている人はいるのでしょうが、私個人としましてはそこまで頑張る必要はない。

と思います。

完璧に見えるけど、実際は違うのかもしれません。

ブログに載せるために、部屋を綺麗にしてから撮影している場合も。

写真は一部分しか写りませんし、見せたくない場所は誰だって撮りませんよね。

子供がいるけど、片付いた部屋というのはかなり大変。

すぐに散らかす名人ですからね。

片付けもなかなかしてくれませんし。

私も子供の写真を撮る時は、片付いている部屋で撮ります。

ネットに載せるために片付けてみたり、その日だけ手料理を頑張ってみたのかも。

そう考えると、皆一緒だと思いませんか?

比べるのではなく、頑張っているなぁ。

私も余裕がある時にチャレンジしようかな。

ぐらいでいいのです。

ただでさえ、子供がこぼしたりペンで落書きしたり。

かまってあげつつ家事もこなす。

というのは、かなりの労力を必要とします。

比べても、自分で落ち込んでしまわないでくださいね。

家事や育児は完璧にしてはいけない

まず言いたいのが、完璧にしなければならない。

ということが間違っていること。

家事や育児を完璧にやりたい!

でも、掃除や料理をしっかりするのって子供を見ながらは出来ないと思います。

かまってあげる時間が確実に減りますし、疲れるので休憩時間も欲しいところ。

そしたら育児も完璧になんて厳しい。

でも、出来る人もいるんですよね。

ごくわずかじゃないでしょうか。

家事は適度に手抜きをする。

その方が疲れにくいし、お子さんの相手もしてあげられる。

ママが無理して疲れている方がお子さんにとって良くないはず。

敏感に気持ちを感じてしまいますからね。

なので無理せず完璧を目指さない方がいいのだと思います。

まとめ

家事育児を完璧にしたい!

ネットなどで人が綺麗に片付いている部屋などを見ると、比べてしまう。

そんな人が結構多いので、記事にしてみました。

完璧なんてやらなくてもいいですし、人と比べること自体間違っている。

真似をしてみたいと思っても、人によって事情が異なったりします。

得意不得意もあるので、落ち込む必要なし!

なので、参考にするぐらいにしてどうして出来ないのか。

と悩まないでくださいね。

お子さんの親はあなたなんですから。

比べても仕方ないですよ。

ぜひ参考にしてください。