今は自粛の影響で、ニンテンドースイッチとあるゲームが大人気となっています。

そうどうぶつの森です。


テレビでも取り上げられたり、品切れになるほど。

それにゲーム機の値段もかなりあがっていますね。

私も少し欲しくなってしまいました。

では、なぜそんなに人気になったのか。

何度かやったことがある私が記事にしていきたいと思います。

人気の理由

このゲームは普段やらない方もハマるということ。

なぜかといいますと、自分だけの世界を作れるからです。

まず、最初に主人公は引っ越しをしてきて家もない状態になります。

家を買うことになるのですが、ローンを組んで返済していくという形。

しかも返済し終わると、増築して家を大きくしていくことが可能。

家の中はデコレーションも出来るため、お店で購入してみたり、どうぶつのお願いを聞いてもらったり。

現実では出来ない世界観を作ることも出来るのがいいですね。

家の中を海みたいにすることも。

しばらくゲームを放置していると、虫も現れるという徹底ぶり。

現実みたいでちょっと嫌だったり。

他にもたくさんのことが出来ます。

釣りをしたり、虫取りをしたり、お花を育ててみたり。

捕まえた魚や虫は博物館に寄贈すると見ることも出来ます。

そのまま部屋に飾れたりもしますよ。

集めることが好きな方にもおすすめです。

服装も好きなものに出来ますよ。

自分でデザインも出来るので、かなり楽しくなります。

イベントも行われるので、毎日少しずつ遊んでいくことが出来ます。

ゲーム機内の時計を進めると、日にちを進められる。

というのも特徴でしょう。

よく日にちを進めて、イベントをやったりしていました。

それに友達とネット上で一緒に遊べるのも大きいですね。

普段ゲームをしない人でも遊びやすいので人気なのも理解出来ます。

自分の作ったものを見てもらいたい。

こだわりを詰め込んだ世界を見てもらえると、楽しいですよね。

お子さんも楽しめそう

このゲームは世界観がとてもほのぼのしています。

なので小さいお子さんが起きていても、見ていて嫌な気持ちにはならないはず。

博物館などを見せてあげたり、簡単な操作なら出来るかもしれないので虫取りに挑戦させてみる。

というのも面白いかもしれませんね。

今までやったことがない方も、チャレンジしやすいゲームだと私は思います。

あつまれどうぶつの森は、私も買いたいのですがゲーム機がないので断念しています。

この記事を書いていて、やりたくなってきました。

【まとめ】

人気な理由がわかってもらえたでしょうか。

コレクション好きなら、きっとはまることでしょう。

しかし、ゲーム機が高くなっているのが難点ですね。

昔の作品も結構楽しめるので、やってみるのも有りかもしれません。

お子さんがいると、なかなかやりにくいかもしれませんがたまには息抜きも必要。

毎日少しだけプレイすればいいので、子育て世帯にはおすすめしやすい。

と私は勝手に思っています。

長々としないといけないものは、しんどくなりますから。

自分の好きな家具を集めるのって、ストレス解消にもなるかもしれませんよ。

気が向いたらチャレンジしてみるのもいいですね。