暖かくなってきて、桜が咲きはじめた所も多いのではないでしょうか。

こんな時はお花見に行きたい所ですが、コロナウイルスの件もあり衛生面で心配。

それに、自粛要請されているからお花見なんて。

でも、皆結構レジャーシートをしいていたり。

どうしてもやりたいのなら、衛生面に気をつけよう!

ということで今回記事を書きたいと思います。

ぜひ参考にして、健康にお花見楽しんでください。

予防策

まず共用するものをなくしてしまうこと。

というのは、友達だけでお花見に行くと面倒だし取り分けるお箸など持っていかない。

そんなことありませんか?

しかし、今回うつる原因になってしまうのでやめておきましょう。

取り分ける用のお箸でルールを守っておく。

アルコール除菌シートやスプレーもあると便利。

お酒も人のを飲まないようにして、間隔も少し開けるなど。

対策をしておけば、花見を楽しめるはず。

料理も、おにぎりや唐揚げなど取りやすいものにしておくと取りやすいし安心。

ポテトサラダなどの取りにくいものだと、箸で色々なところを触ってしまうのが問題。

おにぎりをラップで包んでおけば、個別で食べやすいですね。

いっそのこと、花見弁当にしてしまうのもあり。

取り分ける必要なく、個人で食べられるので近づくこともなくなります。

後は、体調が悪い時や疲れている時は辞退した方がいいかもしれません。

身体の免疫が落ちているので、病気にかかりやすい状態になっています。

コロナじゃなくても、風邪をひいてしまうかもしれません。

症状も似てますし、周囲から疑われるリスクにもなりますので気をつけましょう。

マスクも持っていればつけておくといいでしょう。

皆がつけていないからと言って、はずすのはやめましょう。

食べる時だけつけるなどして、真似をせず自分のためにもマスクはつける!

徹底していきましょう。

レジャーシートのマナー

花見をしに行こうとしても、場所によっては規制されていてレジャーシートがしけないことも。

そこのマナーはしっかり守って、歩きながらのお花見を楽しんでください。

規制されているのに、無理やり座っている人もいるので迷惑行為になってしまいます。

レジャーシートをひくにしても、周りの人との間隔はあけておくこと。

誰も嫌な思いをしないですむように気をつけましょうね。

まとめ

今回はコロナウイルスにかかるリスクを少しでも下げて、お花見を楽しむためには。

というテーマで書いてみました。

そんなこと当然やっている方。

偉いです!

やっていない方はちゃんとしておかないといけませんよ。

無症状の感染者も多いので、周囲の人の様子ではさっぱり誰が感染しているかわからない。

なんてことも。

なので間隔をあけて、共用するものをなくす。

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

衛生面に気をつけることで、楽しく思い出もつくれるはず。

お酒の飲み過ぎは注意してください。

コロナウイルス対策をしていても、急性アルコール中毒になってしまうといけませんから。

対策をきちんとおこなって、楽しくお花見を楽しんでくれることを祈っています。