コロナウイルスで、在宅ワークをされる方が増えているでしょう。

ですが、果たして本当に仕事がはかどるのでしょうか。

特に小さなお子さんがいると、在宅で仕事なんて出来ない。

という方も多いのではないでしょうか。

なぜ子育てしていると、大変なのか。

理解しにくい方のために書いてみようと思います。

ぜひ読んでみて、理解してもらえると助かります。

子育てしながら在宅仕事は厳しい

コロナウイルスの影響で、家に子供がいながらの仕事。

という方も多いでしょう。

それってとても大変。

というのも、子供はすぐに一緒に遊びたがるからです。

「お母さん、一緒に遊ぼう!」

「これ出来ないからして!」

「抱っこして!」

などなど。

あまりほっておくと、コンロの近くにいてかまってもらうために危険なことをしている。

なんてことも。

それにオンラインで会議なんかがあると、子供のうるさい騒ぎ声が聞こえてしまう。

という私生活がモロバレになってしまいます。

子育てを経験していない人からしたら、どうしてそんなにうるさいのか。

仕事の会議をしているのに。

と思われるかもしれません。

家に子供がいて、少しの間静かにしてもらうにはテレビを見せるぐらいしか方法がないでしょう。

小さいお子さんがいる場合、つけっぱなしにしておかないと仕事なんて出来ない!

というのが親の本音。

保育園などに預けるにしても、今は保育士さんも足りておらずコロナウイルスの影響で休む必要があったり。

預け先がないことも。

幼稚園などは休園していますし、春休みもありますから余計に大変。

子供も外に出掛けられない状況が続いているので、ストレスもたまっています。

家の中なのに暴れるのなんて、日常茶飯事になっているのかも。

仕事をするということは、落ちついた空間で作業が出来る環境が必要不可欠。

でも子供がいると、それがままならない。

トイレに行く!とトイトレ中の子供に付き合ったり。

飲み物を準備したり、おやつを出したり。

自分中心で動けないので、仕事に集中出来ないんです。

すぐに中断されて、終わったと思ったら飲み物を盛大にこぼしていたり。

手間がかかるんです。

なので在宅仕事は、厳しいと私は思ってしまいますね。

リモートワークでの育児の対策は?

テレビをつけてあげる。

ですが、これはほったらかしにしなければならないので良い解決方法とは言えません。

解決するには、パートナーや家族の協力。

保育園などの活用ぐらいしかないでしょう。

リモートワークは、在宅しながら仕事が出来ますがプライベートがなくなるのも問題。

子育て中の方も上手く在宅仕事が出来るようになるといいんですが。

コロナウイルスの影響がなければ、まだまだ浸透していなかったことでしょう。

これをきっかけにして、リモートワークが浸透していくと助かる人も多いかもしれませんね。

まとめ

子育てしていても、リモートワークが出来るのか。

という問題。

皆さんも子育てをされていればわかると思いますが、相手は予測不可能な赤ちゃん。

目を離せないので、預け先がないと厳しいでしょう。

リモートワーク自体は、とても素晴らしいと思います。

小学生や中学生ならともかく、幼稚園児がいるとかまってあげないといけません。

ほったらかしにしてしまうと、罪悪感や子供も悲しい思いをしてしまいます。

早くコロナウイルスが落ちつくといいんですが、まだまだ先が見えません。

預け先もなくなってしまったり、保育士さんの数も足りないこの現状。

サービス業界の方は在宅で仕事なんて出来ないので、かなりハードルが高いでしょう。

しかし、この働き方が浸透していき解決策もあればもっと子育てしやすい国になるはず。

これから先、在宅仕事がもっと浸透していくといいですね。