最近ギスギスした空気を感じたりしていませんか?

もしかしたら、家事の分担作業をしていないからかも。

結婚前に取り決めをしていませんか?

一緒に働くから、家のことは2人で分担すること!

もしそうなら、ちゃんと約束を守らなければいけません。

共働きだけど、妻だけ家事をたくさんしている。

なんてことのないように分担出来る。

そんな生活をしてみましょう。

家事の分担は平等に

よく聞くのが、お互い働いているのに私だけ家事をしていて夫はまったくしない。

などと分担出来ていない人が多い気がします。

言い訳したいこともあるでしょう。

自分の方が給料多いし、働いている時間が長いから。

働く時間が短いと、その分家事出来るじゃないか。

家事育児は任せる。

などと言い訳していませんか?

子育てと家事だけでも大変なのに、働いて疲れていることも考慮されていますか?

働いている人がどれだけ家事や育児をやっているか。

リストに書いてもらってください。

こちらのサイトが参考になると思います。
・これで解決、育児中の家事分担の決め方・やり方:みんなで育児

これを参考にしてご家庭での家事と担当を分けてみてください。

夫はこれだけやっている。

妻はこれだけ担当している。

などを書いてもらうときっと驚くと思います。

こんなにやることあるの?

あれ?夫の担当出来ている部分ってこんなに少ないの?

と思うでしょう。

半分まではいかなくても、少しずつ自分も出来ることを増やしておかないと困りますよ。

例えば妻が体調不良になって寝込んでしまうと、何をするのかまったくわからない。

自分も困ることになります。

ちゃんと、どんなことをしているのか把握しておく。

必要なものは何処にあるのかも知っておく必要がありますね。

例えば子供の母子手帳や、薬の置場所。

ハンコや通帳などの貴重品。

はさみやのりなどの日用品。

何処に置いてあるのか知っていますか?

もしまったくわからないのであれば、大問題。

だって自分の家にある必要なものの場所を把握してないんですから。

分担作業をしていると、家での行動範囲が増えて必要なものの場所もわかります。

ちゃんと平等に分担しておくと安心ですよ。

家事を分担すると夫婦仲が良くなるの?

たくさん担当して家事や育児、仕事をしているとパンク状態になりゆとりが持てなくなりますね。

そうすると頭の中は用事のことでいっぱいに。

楽しいことを考える余裕もありません。

そんな状態ではパートナーに優しくなんて出来ると思いますか?

妻の重荷を取り除いてあげること。

少しでも夫の担当が増えることで、妻も隙間時間が出て休むことが出来ます。

そうすると、楽しいことも考えられて家族皆でゆっくり出来ます。

余裕のある生活こそが夫婦仲を良くする秘訣だと思いますよ。

まとめ

分担作業をするべき!と私が思ったので記事にしてみました。

夫が分担してくれない!という意見を良くネットで見ていたので、そういう人が多いのかも。

妻も働いていて疲れていること。

わかってもらえると嬉しいですね。

クタクタになっている妻。

どれだけ頑張って家事や育児をしているか表に書いてもらうこと。

そうすれば自分ならどれが担当出来るのかが、明確にわかりますよ。

夫婦が円満で生活していくことで、子供も楽しいと思える時間が増えてきますよ。

ぜひチャレンジしてみましょう。

余裕のない生活をしてでも働かなければならない。

でもそれでは楽しくありません。

少しはゆっくり出来る時間を作れるように調整する。

これが大切かもしれませんね。

この記事で少しでも多くの人が助かると嬉しいです。