老後資金を作るために、個人年金保険に入っておこうという方はたくさんいます。
しかし、月々の保険料はどのくらいが適切なのでしょうか?

月々の保険料を最低限に抑えようとすれば、月額5000円くらいから保険に入ることができます。
ここでは、個人年金保険の保険料が5000円は適切なのか、様々な角度から徹底検証していきます。

必要な老後資金の金額

定年退職後に豊かな老後を送るために必要な、金額は3000万円といわれています。
しかし、これは60歳で定年を迎えた場合です。

現在は60歳を超えても再雇用などで働いている高齢者の方がたくさんいます。
この傾向は今後も続いていきますので、老後の必要金額は3000万円よりも少なくなるといわれています。

とはいっても、再雇用だと収入もかなり減りますので、若いうちから老後資金を積立てておくことは大切です。
定年までに3000万円とはいわなくても、年収1000〜2000万円くらいはあったほうが余裕のある老後生活を送ることができるでしょう。

個人年金保険で全てカバーしない

個人年金保険の加入を検討するときに注意してほしいことがあります。
それは、全てを保険でカバーするのは賢い選択ではないことです。

もしも、1000万円を個人年金保険でカバーしようとすると月々のしはらいがかなり高額になります。

たとえば、月額2.5万円の保険料を30年間支払い続け、返戻率110%だとすると、

1000万円=(2.5万円×12ヶ月×30年)×110%

となります。
独身のときや新婚のときなら、2.5万円でも頑張って支払うことができるかもしれません。

しかし、子供が生まれて成長していくにつれ、かなりのお金がかかってきます。
個人年金保険は途中解約すると、支払う保険料を大きく下回りますので、損をしないためにも無理のない金額に抑えておくことが大切です。

月額保険料5000円ではいくら貯まる?

月額保険料5000円ではどのくらい老後資金が貯まるのか、シミュレーションしてみました。
ひとまず返戻率は110%としておきます。

<20年間支払う場合>
(5000円×12ヶ月×20年)×110%=132万円

<30年間支払う場合>
(5000円×12ヶ月×30年)×110%=198万円

老後のために必要な最低限の金額1000〜2000万円から比べると全然足りません。
保険料を月額5000円にするなら、貯金や投資信託など、他の資産運用の方法と組み合わせていくことが大切です。

月額保険料5000円は適切?

月額保険料5000円は、老後資金をカバーするには少したりませんが、考え方によっては適切な方法といえます。
それは、無理なく保険料を支払い続けられる金額だからです。

老後資金のために、高額な保険料をかけるのは途中解約のリスクが高くなります。
せっかくの保険が元本割れしてしまえば元も子もありません。

保険で積立てるメリットは、決まった金額が確実に手に入ることです。
逆にいうと、利回りは低いです。
なので、堅実に運用したいものは保険へ回し、もっと増やしたいなら投資信託などで資産の一部をリスクを取ってまわしていくなど、賢く運用することもできます。

まとめ

個人年金保険で保険料を月額5000円にするのは、「絶対損をしたくない」堅実にお金を増やしていきたい人におすすめの方法といえます。

正解はありません。
自分の家庭の経済状況を考え、必要なときはFPなど保険の専門家の意見を参考に決めていくといいでしょう。

【注目1】保険相談とは何か!! 保険相談会社の仕組み・保険相談の申込み方・受け方を徹底解説

保険を検討している人は、FPが開設する保険相談の仕組みや申込み方・受け方を開設した内容を、ぜひ確認してください。
保険相談とは何か!! 保険相談会社の仕組み・保険相談の申込み方・受け方を徹底解説

【注目2】保険選びは『誰』に相談するか?で決まる!

保険は人生の中で最も大きな買い物です。
保険料も高いですし、失敗したくないですよね。

%e4%bf%9d%e9%99%ba%e7%9b%b8%e8%ab%872
実際に保険相談をしてみてわかったことですが、保険選びで失敗しないためには信頼できるプロのアドバイザーを見つけることが大切です。
優秀な方であっても、自分の利益ばかり考えている人には相談したくはありません。

保険選びを絶対に失敗したくないなら、保険見直しラボという保険相談サービスをチェックしてみてください。

何度相談しても無料ですし、無理に保険を勧められることもありませんでした。
家まで相談にきてくれるので、小さな子供がいても安心です。
保険のことが全然わからなくても、1から丁寧に保険の仕組みを教えてもらえます。

おかげで保険料は高くないのに、必要な保障はしっかりついた保険プランに入ることができました!

保険っていつ必要かわかりません。
見直しをつい後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、ライフスタイルの変化によって必要な保障額は変わってきます。
万が一のことが起こったときに、

必要な保障に入っていなかった・・・

もしくは、

必要じゃない分まで無駄に保険料を払い続けていた・・・

なんてこともあるかもしれません。
あなたの家族は最適な保険に入れていますか?
もしかしたらヤバイかも、と思ったら今から行動してみてください!

保険見直しラボの詳細はこちら


保険選びはややこしいと思っていませんか?
ここでは個人年金保険を様々なカテゴリーに分類して、おすすめの選び方を分かりやすく解説しています。

おすすめ返戻率安全に貯められる

ピンポイントで最適な保険プランを知りたい方

2、3の簡単な質問にお答えいただくだけで、あなたにピッタリの保険プランをご提案させていただきます。