グランエイジは日本生命の高齢になったときに生活に備えた保険です。
公的な年金だけだと心細い、将来何歳まで生きるかわからないという不安な方のために一生涯年金が受け取れる方法が選べます。
グランエイジはどのような保険か、わかりやすく解説していきます。

グランエイジの特徴

グランエイジの特徴は以下のとおりです。

・解約返戻金を抑えて年金原資にあてる
・長生きするほど多く受け取れる
・受取期間が選べる

それぞれについて詳しくみていきます。

解約返戻金を抑える

グランエイジでは、支払った保険料がより多く年金に反映されるために、払込期間の解約返戻金を低く抑えています。
途中解約すると元本割れのリスクはありますが、貯蓄性が高まるメリットがあります。
少しでも多くの年金を受け取りたい方に向いているといえます。

長生きするほど有利

グランエイジはトンチン性を高めた年金保険です。
トンチン性とは、保険料をみんなで出し合って、運用益をいきている人だけで分ける仕組みです。
つまり、長生きすればするほど多くの保険金を受け取ることができます。
両親や祖父母が90歳以上生きているなど、長生きの家系の方ほど有利といえます。

受取期間が選べる

一生涯保険金を受け取ることもできますし、一括払いは10年確定払いを選ぶこともできます。
一生涯保険金を受け取る方法だと、早く亡くなってしまうと支払った保険料の割に年金が受け取れなかったということもあります。
積み立てた保険料を確実にプラスで受取りたいなら、一括払いや10年確定払いのほうがいいといえます。

気になったところ

グランエイジで気になったのは、加入年齢が50〜87歳となっているところです。
加入例を見てみると月々の保険料は2〜4万円とかなり高額になっています。

もしも加入されるとすると、退職金を保険で運用する形になるかもしれません。
しかし、途中でお金が必要になったときに解約できない(しても元本割れする)ことを考えると、リスクが大きいかもしれません。

また年期受取開始が70歳などと高齢になるので、老後の楽しみのためというよりも、生活をしていくため、老後の医療費などに使ってしまいそうです。

70歳、80歳の超高齢になったときの生活が心配で保険に入ったのに、50代、60代の生活が苦しくなってしまうと本末転倒です。
ご家庭の経済力を考えて保険の加入を検討されるのがいいでしょう。

まとめ

グランエイジは一生涯の年金が受け取れる保険ですが、死亡年齢によっては大きく損をすることがあります。
確実にお金を積立てたいなら、一括や10年確定にしておいたほうが無難なようです。
貯蓄率が高い保険は他にもありますので、中立な立場の保険の専門家に相談するようにしてください。

【注目1】保険相談とは何か!! 保険相談会社の仕組み・保険相談の申込み方・受け方を徹底解説

保険を検討している人は、FPが開設する保険相談の仕組みや申込み方・受け方を開設した内容を、ぜひ確認してください。
保険相談とは何か!! 保険相談会社の仕組み・保険相談の申込み方・受け方を徹底解説

【注目2】保険選びは『誰』に相談するか?で決まる!

保険は人生の中で最も大きな買い物です。
保険料も高いですし、失敗したくないですよね。

%e4%bf%9d%e9%99%ba%e7%9b%b8%e8%ab%872
実際に保険相談をしてみてわかったことですが、保険選びで失敗しないためには信頼できるプロのアドバイザーを見つけることが大切です。
優秀な方であっても、自分の利益ばかり考えている人には相談したくはありません。

保険選びを絶対に失敗したくないなら、保険見直しラボという保険相談サービスをチェックしてみてください。

何度相談しても無料ですし、無理に保険を勧められることもありませんでした。
家まで相談にきてくれるので、小さな子供がいても安心です。
保険のことが全然わからなくても、1から丁寧に保険の仕組みを教えてもらえます。

おかげで保険料は高くないのに、必要な保障はしっかりついた保険プランに入ることができました!

保険っていつ必要かわかりません。
見直しをつい後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、ライフスタイルの変化によって必要な保障額は変わってきます。
万が一のことが起こったときに、

必要な保障に入っていなかった・・・

もしくは、

必要じゃない分まで無駄に保険料を払い続けていた・・・

なんてこともあるかもしれません。
あなたの家族は最適な保険に入れていますか?
もしかしたらヤバイかも、と思ったら今から行動してみてください!

保険見直しラボの詳細はこちら


CTA(あなたにピッタリの生命保険を選んでみませんか?)

保険選びはややこしいと思っていませんか?
ここでは生命保険を様々なカテゴリーに分類して、おすすめの選び方を分かりやすく解説しています。

年代別に生命保険を選ぶ

20代30代40代

保障の期間から選ぶ
定期終身

貯蓄性から選ぶ
掛け捨て貯蓄

ピンポイントで最適な保険プランを知りたい方

2、3の簡単な質問にお答えいただくだけで、あなたにピッタリの保険プランをご提案させていただきます。