お金をコツコツ貯めていく方法として500円玉貯金は有名ですね。
節約したい多くの人が実践していますが、500円玉貯金が成功してお金が貯まったという人もいれば、途中で挫折してしまったという人もいます。
500円玉貯金がうまくいく人はどのような考えややり方をしているのか気になりますよね。
ここでは500円玉貯金を成功させた人たちに共通するポイントをまとめてみました。

500円玉貯金はどのくらい貯まるの?

500円玉貯金でどのくらいお金を貯められるのでしょうか?
Yahoo知恵袋で調べてみたところ、500円玉貯金で10〜20万円貯めれたという人は意外にたくさんいます。
中には貯金箱がパンパンになってお金が入れられなくなるまで貯めて80万円という強者もいます。

そういった人たちは10年近くも貯めていたりと気の遠くなるような長い期間を貯金している人が多いようです。
500円玉貯金はコツコツ貯めれば100万円近く貯めることもできますが、貯まる期間も非常に長いので向き不向きがあるようです。
500円玉貯金でお金が貯まる人はそもそもお金を貯めるのが得意ですが、そのような人達に共通する考え方を紹介していきます。

貯めたお金はそもそもないものとしている

500円玉貯金でとても高額な金額を貯金する人は、頑張って貯金しようとはしていません。
財布の中に500円玉があったら、貯金箱に入れておくのが当たりまえ、いくら貯まっているかも興味がないようです。
500円玉貯金をするのが習慣になっているから、無理なく続けられるんですね。

そんなに貯めて何に使うのかというと、お金が貯まる人はお金を使うことにも興味がないようです。
あなたがお金に執着がないタイプだったら500円玉貯金でどんどんお金が貯まっていくかもしれませんが、お金を貯めるだけが目的になってしまうのも寂しいです。
なので次に500円玉貯金で10〜20万円くらい貯めて、有意義なお金の使い方をしている人たちがやっている500円玉貯金の方法を見ていきましょう。

500円玉貯金をする目的・目標がある

500円玉貯金が途中で続かなくなる人がやりがちなのが、目的もなく500円玉貯金を始めることです。
漠然とお金を貯めていてもモチベーションは上がりませんし、今使えるお金が減ってしまうのでストレスを感じやすくなってしまいます。
500円玉貯金を成功させるためにはっきりと目標を決めましょう。

実際に500円玉貯金をしている人は、貯めたお金で家族で海外旅行に行く、財布や時計など毎日身につけるものを買って自分へのご褒美にする、普段行かないようないいお店に行くなどと目標を定めています。
目標を決めるポイントとしては、貯金を続けるモチベーションになるものに使うことです。
旅行や素敵なお店で食事をした思い出はずっと残りますし、頑張って貯金をして買った時計を毎日身につけていたら嬉しい気持ちになります。

目標を達成する期限を決める

500円玉貯金で目標を決めても、漠然と貯めるだけだとなかなか貯まらなくてストレスを感じるかもしれません。
貯金を始める前にいくらの金額をいつまでに貯めるということを決めておきましょう。
たとえば、1年後に10万円を500円玉貯金で貯めたいとすると、どのくらいのペースで500円玉を貯金していかないといけないのでしょうか?

100,000円 ÷ 500円 = 200枚

毎月どのくらい500円玉が必要かというと

200枚 ÷ 12ヶ月 = 16.6枚

17枚の500円玉を貯める必要があります。
月々9,500円ですので一般の家庭なら無理なく貯められそうですね。
自分が無理なく続けられそうだと感じたら、目標金額と期限を紙に書いて、冷蔵庫など普段目にするところに貼っておくとお金が貯まりやすくなるのでおすすめです。

500円玉貯金のルールを決める

500円玉貯金が成功する人は、あらかじめルールを決めています。
1日の終わりに財布に残っている500円玉は500円玉貯金に回す、買い物をするときも金額が500円以下のときは、小銭ではなくて1,000円札で支払って500円玉をおつりでもらうなど工夫をしています。
中には欲しいものがあっても、すでに手に入れた「つもり」にして貯金に回している人もいました。

500円玉貯金をする効果とは?

500円玉貯金をするために目標を立ててコツコツ貯金をすることで、節約の習慣が身につきます。
500円玉が手に入ったら貯めるということで常に財布の中身を意識すると、普段の買い物でどのくらいお金を使っているのかも意識するようになります。

あなたがどのようなものにお金を使っているのかを知るようになれば、無駄な出費に気付くようになるので無駄をなくすためにはどうすればいいのか考えるようになります。
無駄使いがなくなれば、少しずつお金が貯まっていきますのでお金を貯めるのが嬉しくなります。
500円玉貯金そのものを目的としてしまうとしんどくて続かないですが、500円玉貯金をする目的をはっきりさせて日常生活の中で楽しんで貯金すれば、心も財布も知らないうちに豊かになっていきますよ。

おすすめの節約方法

節約というと、地道にコツコツするイメージがあるかもしれません。
しかし、保険の見直しをすると家計が劇的に改善されることがあります。

保険のビュッフェというサービスを利用すれば、保険のプロに無料の相談ができます。
必要な保障は残したまま、保険料を安くするプランを提案してくれます。

%e4%bf%9d%e9%99%ba%e7%9b%b8%e8%ab%872↑実際に無料相談でいただいた資料です。

私はじぶんの保険のFPに無料相談をして、月々の保険料が1万円以上も安くなりました!
最低10年は保険料を払い続けることになるので、合計で100万円以上の節約です♪

保険のビュッフェの詳細はこちら


保険選びはややこしいと思っていませんか?
ここでは保険を様々なカテゴリーに分類して、おすすめの選び方を分かりやすく解説しています。

生命保険を年代別に選ぶ

生命保険とは、死亡保障のついた保険のことです。
万が一のために備えたいという方のために、年代別におすすめの選び方を紹介しています。

20代30代40代

医療保険を年代別に選ぶ

医療保険はケガや病気に対する備えができます。
年齢によって気になる病気の種類は変わってきますので、年代ごとにおすすめの選び方を紹介しています。

20代30代40代

保険の種類から選ぶ
学資保険収入保障保険
個人年金保険養老保険
がん保険女性保険

ピンポイントで最適な保険プランを知りたい方

2、3の簡単な質問にお答えいただくだけで、あなたにピッタリの保険プランをご提案させていただきます。